◆吉賀町立七日市小学校 利用間伐現場見学            平成26年9月17日  

    七日市小学校5、6年生では、1学期から総合的な学習の時間において、『森林』をテーマに学習を進められ、吉賀町の森林の現状や課題を体験的な学習等を通して考えるという取り組みを行ってこられました。
実際に間伐の様子を見てみたいという子ども達の思いが大きくなり、林業作業現場の見学が実現しました。
間近で見る重機の動きに、子ども達は目を輝かせていました。間伐の現場を実際に見ることで、現状を知るよい機会になればと思います。
 子ども達の感想を一部抜粋しました。

 七日市小学校の皆様ありがとうございました。
 
木を採るだけでも、いろいろな仕事があることが、わかりました。
次は、利用間伐の(手引の)@〜D番まで重機についていって一部始終見てみたいです。
木の年れいの見方とかがわかりました。いろいろな機械で働いているんですね。
特にうれしかったことは、運転席を見せてくれたことです。木をきるところがすごかったです。
森ハーベスタとフォワーダとスイングヤーダがすごかったです。そうじゅうがうまくてびっくりしました。
特にハーベスタの特ちょうがわかりました。だからぼくもハーベスタに乗ってみたいです。
重機の中ですごいなぁと思ったのはハーベスタがすごいと思いました。正確な長さに切っているアームがかっこよかったです。
そうじゅうせきの中はふつうの車と同じかなと思いました。でも、ボタンでそうじゅうするのを見て大変だなぁと思いました。
一番気になったのは、ハーベスタです。昨日は間伐するところが見れなかったのでまた今度間伐するところを見せてください。

 

 

Copyright 2008 高津川森林組合 All Rights Reserved.