平成22年2月8日  『しまね企業参加の森づくり』
島根県では、森林管理が行き届かず放置され荒廃する森林が増加していることから、公益的機能を有する森林を県民共有の財産と位置づけ、県民との協働による森づくりを推進しています。
 益田市戸田町地内の森林を対象として、島根県・益田市・全日本空輸株式会社・高津川森林組合の四者で協定が結ばれました。実測面積0.61haの山林に、3年で1525本の松くい虫抵抗性マツを植栽します。

  森林施業管理委託契約・土地無償貸付契約

 活動対象地の益田市戸田町の地権者である戸田自治会と戸田共有財産管理会、全日本空輸株式会社と高津川森林組合との間で貸付契約、委託契約が締結されました。 
 
全日本空輸株式会社 森林保全活動計画書
      1.森林保全に取り組む目的
ANAグループは、クオリティ・顧客満足・価値創造においてアジアを代表する企業グループになることを経営ビジョンに掲げていますが、「環境面でも世界のリーディング・エアラインであり続ける」ことを目標に様々な環境対策に積極的に取り組んでおります。
 その中で「人と地球を考える」をテーマに「私の青空」と称した「地球環境を大切にする心の輪」を広げる活動の一環としてANAグループが就航する国内50空港を対象に、その周辺での森づくり活動を2004年から10ケ年計画で進めております。

 

Copyright 2008 高津川森林組合 All Rights Reserved.